レポート

日本植物生理学会の高校生ポスター発表で優秀賞を受賞しました

 3月28日、札幌コンベンションセンターで行われた第59回日本植物生理学会年会の高校生生物研究発表会で、3年生の山崎のどかさんは、横浜サイエンスフロンティア高校の織田稔梨さんとの共同研究として「茎から簡単に離れ落ちる葉 ~セダムの葉の構造と増え方~」を発表しました。
 会場では、全国から集まった大勢の高校生たちが自分たちの研究を一生懸命説明し、植物生理学会の審査委員が審査し、優秀な発表を表彰しました。38件の発表のうち、最優秀賞1件と優秀賞5件が選ばれ、2人は優秀賞に選ばれました。
この研究を進めるにあたっては、名古屋大学の中川知己先生とサイエンスフロンティア高校の矢部重樹先生のご協力を賜りました。この場にて、お礼申し上げます。