SGH

SGH専門講座でベトナム研修旅行中:3,4日目

 サピエンス学Ⅱでは、現在、ベトナム研修旅行中です。
 3・4日目(7/17,18)は、ホーチミンから東に向かい、ベトナム最大面積の低地熱帯雨林である「カッティエン国立公園」で活動しました。
 ここカッティエンでは、熱帯雨林の生物多様性を視察しました。ベトナム戦争の戦火を免れた樹齢数百年を越す木が点在しており、この森の太古からの姿を想像することできました。
 また、多様な生物が生息する国立公園内のフィールドツアーでは、類人猿のキホオテナガザル、国立公園(カンボジアを含む)周囲の固有種であるドゥクモンキー(lack-shanked douc)にも出会うことができました。
 前日に頂いたノンラー(ベトナムの笠)の便利さを実感しながら、森を散策しました。