SGH

企業のダイバーシティ&インクルージョン活動に関する課題研究に取り組んでいます

 8月27日、PASSの多文化共生コースで「LGBTの方々がもっと暮らしやすい社会にしたい」というテーマで活動しているグループが、野村ホールディングス株式会社を企業訪問させていただきました。

 まず、経営陣が率先してダイバーシティ&インクルージョン(D&I)活動(多様な社員を活かす職場環境の形成)を進めていることについて伺いました。同社では、人事部門にD&I推進室が設けられており、担当の方からは、経営陣によるトップダウンの意識改革、組織や社内規定の整備、社員ネットワークによる自主的な取り組みを総合的にうまく機能させて組織的に取り組まれていること、特にLGBTに関する活動を丁寧に紹介していただきました。

 実際に、多文化、障がい、LGBTを中心に活動している社員ネットワークのお昼休みのミーティングにも参加させてもらい、東京レインボープライドへの参加という大々的なものから、社内でアライを増やす地道な取り組みまで、具体的に教えていただきました。

 生徒たちは、「自分たちの学校でアライを増やす取り組みをする上でとても参考になりました」「PASS活動のためだけでなく、人として大切なことを学ぶことができました」と非常に喜んでいました。大変貴重な機会をいただきましてありがとうございました。