レポート

IBコース1年生の日本史校外研究を実施しました

特別学習期間中の12月10日(金)に、好天に恵まれた横浜中心部で本校1年生IBコースの必修科目:日本史Aに関連した校外研究を行いました。内容は、「横浜はどのようにして住みたい街ランキング1位になったのか」を研究課題に、グループのメンバー3人がそれぞれ別の3つの博物館を訪問して得た知識を統合し導いた結論をレポートする、というものです。必ずしも横浜の歴史には詳しくない生徒も多く、日本の玄関口として近代化を牽引し、その後2回の壊滅と再生を繰り返した横浜の歴史に目を見張っていました。探究の後は、馬車道、伊勢佐木町、野毛を通って市立中央図書館まで巡検を行い、生徒たちは今の街の景色の中に、在りし日の横浜の姿を重ね合わせていました。