世界標準を学ぶ
IBコース

法政国際におけるIB教育

本校は、これまでに進めてきた国際化に対応する学校改革を発展させ、<主体的に学び、考え、行動し、多様な他者とつながる21世紀の地球市民(グローバルシチズン)を育てる付属校>として2018年4月から新たなスタートを切ります。本校のこの教育理念は、高校レベルの学習の世界標準として認知されているIBDPの教育理念と深く合致しています。本校は、2017年2月に、International Baccalaureate Organization(IBO)より、International Baccalaureate® Diploma Programme(IBDP)を実施するIB World School®に、神奈川県内の一条校(日本の高等学校の修了資格が与えられる学校)で初めて認定されました。2018年4月より、定員20名程度のIBコースを新たに設置し、入学2年目からIBDPを英語と日本語の2か国語(Dual Language)により実施します。

入学初年度の学び

入学初年度は国際バカロレアディプロマプログラム(IBDP)の学習の準備を1年かけて行います。

  • DPの学習の基本である、「探究」(inquiry)、「振り返り」(reflection)を通じて、思考や自己管理、社会的なコミュニケーション、研究などのためのさまざまなスキルを発達させることや、DPを学ぶ上で必要となる基礎的なリテラシー(Literacy)を身につけ、批判的思考(Critical Thinking)を習慣づけることを目指します。
  • DPを学ぶ上で必要となる基本的な5つのスキル、思考力(thinking skills)/コミュニケーションスキル(communication skills)/ソーシャル(社会性)スキル(social skills)/自己管理スキル(self-management skills)/リサーチスキル(research skills)を獲得します。
  • DPを学ぶ上で必要となる語学力を身につけることを目指します。
  • 日本の高等学校の卒業資格を得るために必要な文部科学省が指定する必履修科目を履修します。
入学初年度履修科目
  • 国語総合
  • コミュニケーション英語Ⅰ
  • 世界史A
  • 日本史A
  • 現代社会
  • 科学と人間生活
  • 物理基礎
  • 数学Ⅰ
  • 音楽Ⅰ/美術Ⅰ
  • 家庭基礎
  • 社会と情報
  • 体育
  • 保健
  • 批判的思考(Critical Thinking)
  • 総合的な学習 ・HR
  • リテラシー(Literacy)
[国語総合]
詩、小説、評論、エッセイなどのさまざまなジャンルの読解・分析を行います。作品読解の基本を身につけます。
[コミュニケーション英語Ⅰ]
Introduction to the themes covered in the DP, such as globalization, lifestyles, customs and traditions.
[世界史A]
世界の一体化がすすむ近世以降の歴史を中心に世界史の大きな流れを学習します。基礎的な知識を得るとともに応用力を高め、歴史学的な見方・考え方に親しみます。
[日本史A]
日本の近現代史について資料をもとに多角的に考察します。反転学習・グループ学習・個人発表などを積極的に行い、主体的に歴史を学ぶ力を育みます。
[現代社会]
さまざまな文化や価値観が混在する現代社会の諸課題について学びます。社会的課題について知識を得るだけでなく、自分の考えや主張をもてるようになることを目指します。
[科学と人間生活]
化学分野では原子の構造や化学反応の量的な関係など、導入と基礎を学びます。生物分野では、主に生物を機能させる遺伝子とタンパク質、生命の単位としての細胞について学びます。
[数学Ⅰ]
2年目以降に学ぶ IB Mathematics SLを学習するために必要なトピックスを、英語で行われる授業で学びます。
[批判的思考(Critical Thinking)]
2年目以降に学ぶTOKを学習するために必要となる、批判的かつ論理的に思考する方法の基礎について学習します。

入学2年目からの学び

入学2年目から、DPがスタートします。DPでは、3つのコア科目(TOK、CAS、EE)と、6つの教科グループから6つの科目を学びます。
本校では、IBが制定する6つの科目グループについて、下記の科目を設定しています。

教科 GROUP 科目 LEVEL 授業言語
GROUP 1:Studies in Language and Literature
言語と文学
Japanese A Literature
日本語A文学
SL/HL 日本語
GROUP 2:Language Acquisition
言語の習得
English B
英語B
SL/HL English
GROUP 3:Individuals and Societies
個人と社会
History
歴史
HL 日本語
GROUP 4:Sciences
理科
Biology 生物
Chemistry 化学
SL/HL 日本語
日本語
GROUP 5:Mathematics
数学
Mathematics
数学
SL English
GROUP 6:The Arts
芸術
Visual Arts
美術
SL 日本語
Core Subjects
コア科目
知の理論 TOK
課題論文 EE
創造性・活動・奉仕 CAS
- 日本語
[Japanese A Literature]
翻訳文学、詩、戯曲、小説、評論などの作品(HL13冊・SL10冊)の時代背景・社会状況のリサーチ、読解、分析などのディスカッションを通して、作品批評能力、論文(作品論・作家論)作成やプレゼン能力を身につけます。
[English B ]
Develop international-mindedness through the study of English, culture, and global issues.
[History ]
アジアとヨーロッパの近現代史を中心に探究的な学習を行います。個々のトピックについて考察する際に、根拠となっている資料の批判的な読み取りを重視し、歴史研究のためのスキルを身につけていきます。
[Biology ]
生態学、細胞生物学、分子生物学、植物・動物・人間生理学などについて学び、生物多様性と人との関係についても探究します。国際的な視野のもと、リサーチスキルや思考スキルを活用し、研究活動にも取り組みます。
[Chemistry ]
化学の概念を理解し、知識やスキルを活用することを重視します。国際的な視野で物事を考えたり、自然や人間生活との関わりにもついても触れていきます。グループと個人での研究活動にも取り組み、科学の本質に迫ります。
[Mathematics ]
IBの理念に基づいて、「代数」「関数」「方程式」「三角法」「三角関数」「ベクトル」「確率・統計」「微分・積分」「数学探究」などを、英語で行われる授業で学びます。
[TOK ]
「あなたは空き缶を触ったとき、それが空き缶だとどのように知ることができますか」TOK(知の理論)では、普段当たり前だと思っているようなことを、それがどうしてそうなのかということを考えていきます。知るための方法である「言語」「知覚」「根拠」「感情」、「倫理」「土着の精神」「芸術」「歴史」の分野の知識に触れながら、それぞれの分野における知識が本当なのかどうかを深く考えていきます。
[CAS ]
それぞれが自分で決めた活動に取り組みます。1年目のPASS活動(社会課題解決のための主体的な取り組み)を継続したり、語学に磨きをかけたり、関心のあるイベントに参加したり、さまざまな活動が想定されます。

※ HL:Higher level, 履修時間:240時間 SL:Standard Level, 履修時間:150時間 3科目をHLで、3科目をSLで履修。
※ 入学2・3年目には、DP以外に、日本の高等学校の卒業資格を得るために必要な文部科学省が指定する必修科目を履修します。
※ 本校IBコースの全科目を履修し所定の単位を修得すると、日本の高等学校の卒業資格を得ることができます。本校のDPの全科目を修得し、国際バカロレア機構が主催する認定試験(入学3年目の11月に実施)で所定の成績を収めると、IBディプロマ資格が授与されます。