SGH

「文化の源泉Ⅱ」受講生徒が「出雲と大和」展の見学に行きました

 SGH専門講座「文化の源泉Ⅱ」では、講座の最後の締めくくりとして、国立博物館で展示公開中の「出雲と大和」展を見学しました。『古事記』神話をずっと研究してきた受講生にとって、古代出雲の成り立ち、国譲り、中央政権への組み込まれ方など、これまで学習してきたことがらを再確認する、良い機会になりました。古代出雲大社高楼の復元模型に圧倒された受講生たちでしたが、さらに荒神谷遺跡や加茂岩倉遺跡から出土した銅剣や銅鐸の、その数の多さときらびやかさから、古代出雲に存在した文化圏の大きさと確かさを実感できたようでした。