レポート

本校生徒がカンボジアに家庭用浄水器を送るクラウドファンディングを実施します。

コロナ感染拡大で中止となった海外教育研修の代替プログラム「ウォーターミッションforカンボジア」を昨年度に受講した生徒たちにより、カンボジアに家庭用浄水器を送るためのクラウドファンディング(賛同してくれた人から広く資金を集める仕組み)が開始されます。この教育プログラムは、カンボジアの人びとの水問題解決を行っているNPOの支援を受けて現地の人びとの現状をオンラインで調査分析し、現地の学校の水問題解決へ向けた支援策を企画実行していくものです。生徒たちは、海外の人びとの課題に自分ごととして取り組みながら、学校の中だけにとどまらない学びをさらに深めていく予定です。
以下に、生徒からのクラウドファンディングのお知らせをご紹介します。ぜひご覧ください。
 
(以下、引用)
2021年6月17日から7月17日まで、カンボジアに家庭用浄水器を送るクラウドファンディングを行います!
 
私たちのチームには、このプロジェクトに興味があり参加した人、以前から国際協力に関心があった人、カンボジアの人のために何かを成し遂げることが自分の幸せになると感じた人など、様々な思いを持ったメンバーがいます。
 
昨年度の春からのプログラムなので、構成は2、3年生のみで、人数は少ないですが、皆、責任を持って取り組んでおります。
クラウドファンディングのページでは、一人一人、全員の自己紹介が載っております!
 
活動としては、基本情報の収集をはじめ、NPO法人あおぞらさんの協力のもと、現地調査なども行いました!
また、リターンの案なども自分たちで考えました。
 
ご参考にご覧下さい!
 
お金を集めるということは大変なことです。しかし、それに応じる活動をすることを約束いたします!
みなさまのお力添えのおかげで実際に支援することができるようになります。
 
私たちのように当たり前に自由に水が使える未来がカンボジアの人々にも訪れるよう、ご協力のほど、よろしくお願いします!
 
クラウドファンディングの詳しい概要は、下記のready for のクラファンページでご確認ください!
みなさまの温かいご支援をお待ちしております。