レポート

在フランス高校生と交流の機会を持ちました。

7月21日にフランス在住の高校生が来校して、本校生徒と交流の機会を持ちました。
この日は最初に、フランス語の授業に参加してもらい、フランスの学校生活について、フランス語と日本語でプレゼンをしてもらいました。1日に9時間(!)の授業が組まれているフランスの高校の時間割に、生徒たちはとても驚いていました。その後のディスカッションでは、フランスの生活に関するあれこれや、フランスでもBTSは人気があるのかなど、様々な話題で会話が弾んでいました。
そのほか、体育の授業でバレーボールに一緒に取り組んだり、生徒会の国際交流スタッフの皆さんに学校を案内してもらったりしていました。「日本の学校の雰囲気や学校生活を知ることができ、大変面白く興味深かったです。生徒の皆さんもとても親切で、丁寧に学校の案内をしてくれたり、積極的に話しかけてくれたりして、温かい心遣いが嬉しかった」とのことでした。コロナ禍の中、国際交流の機会がなかなか持ちにくい中、本校生徒にとっても貴重な機会となりました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。