SGH

SGH専門講座「世界の女性とわたしたち」で、カラカサンの方のお話しをうかがいました。

 3年SGH専門講座「世界の女性とわたしたち」では、私たちの生活との関連の中で、途上国がかかえる諸問題を勉強しています。
 11月2日(木)、カラカサンからお2人をお招きして、日本に暮らすフィリピン女性がどのような問題に直面しているのかについてお話しを伺いました。カラカサン-移住女性のためのエンパワメントセンターは、日本に暮らす移住(外国籍)女性と子どもたちのエンパワメントをめざして活動している団体です。授業では、日本に暮らすフィリピンの女性や子どもたちが直面している問題について具体的にうかがうことができました。そして、移住女性の多くが日本社会の中で、移住者であること、そして、女性であることによって、幾重もの差別と偏見を経験し、人身売買や家庭・職場における様々な形態の暴力の深刻な被害にも遭遇している現状を学びました。