SGH

「第四回SGH中間発表会」を開催しました。

 1月26日(土)に、「SGH中間発表会」を実施しました。この発表会は、外部有識者の先生方、教育関係者の方々などにプログラムの現状を報告して、今後に向けてさらなる質的向上を図ることをねらいとしたものです。今回で4回目の開催となります。

 午前中は、PASSの三年生生徒1名と、三年生SGH専門講座(「文化の源泉Ⅱ」、「テクストの記号学Ⅱ」、「世界の女性と私たち」)受講生の研究報告会を実施しました。生徒は、これまでの研究成果、海外研修の様子などについて、パワーポイントを使いながら発表。発表後の質疑応答では、運営指導委員の先生方や来場者の方々から様々なコメントをいただきました。

 午後の時間帯は、まずポスターセッションを実施。1年生から3年生までの生徒が学習成果のプレゼンテーションを行ないました。その後、会場をホールに移して、午後のメインプログラム『PASS成果発表会』を開催。ここでは、PASS活動で優れた取り組みを行ったと評価された1、2年生代表チームが、成果発表を行いました。2年生の発表には質疑応答も実施。運営指導委員の先生方のほか、在校生からも質問が出され、とても熱気のある学びの時間となりました。

 皆様から寄せられた様々な声によって、生徒、教員ともども今後の活動に向けた新たな課題を見つけ出すことができました。改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。